生活者のための食の安心協議会
Home お問い合わせ サイトマップ プレスリリース
our vision 協議会について Activity Information Community
information
  News
●2007年11月30日UP


  2007年6月「海外のトレーサビリティ推進団体との交流及び普及状況などの調査実施と報告活動」
本協議会では、去る4月22日(日)〜29日(日)ヨーロッパにおけるトレーサビリティ・システムの現状と本協議会が推進を図っている「分散処理型双方向食品トレーサビリティ・システム」の海外との連携可能性を探るため、「ヨーロッパトレーサビリティ協議会」の会合に本協議会代表理事・横山和成を派遣致しました。
そして6月4日(月)「ヨーロッパにおけるトレーサビリティ・システム実情調査報告」としてまとめ、主に希望のあった賛助会員企業向けに報告書を配布しております。
【実情調査の主な内容】
●本協議会代表理事・横山和成による「ヨーロッパ国際会議」への出席と会議での本協議会活動内容の発表、「分散処理型双方向トレーサビリティ・システム」の解説。
その後、意見交換。
●「EUトレーサビリティ協議会」事務局との情報交換及び関連機関の視察・調査・分析
今後、ヨーロッパ地域との連携強化は勿論のこと、中国を中心とした東南アジア地域、アメリカを中心とした北米地域、オーストラリアを初めとしたオセアニア地域並びに南米地域などへ、本協議会理事を中心に順次派遣し、先にも述べましたように各地域でのトレーサビリティ・システムの現状を探ると共に「分散処理型双方向食品トレーサビリティ・システム」の普及啓発活動を行い、更なる国際連携を図って行く予定です。


 



Privacy Policy Site Policy Copyright 2005 The Conference of Food Relief and Security for Citizens. All Rights reserved.