生活者のための食の安心協議会
Home お問い合わせ サイトマップ プレスリリース
our vision 協議会について Activity Information Community
エコプロダクツ2007

◇2007年12月13日(木)〜15日(土)

【エコサイティング開催概要】
会場: 東京ビッグサイト東1ホール
エコプロダクツ2007「食べ物のちから」コーナー内
主催: NPO法人生活者のための食の安心協議会
共同出展: (独)農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業総合研究センター
協賛出展社: ペンタックス(株)、(有)DGC総合研究所他
連携グループ: NPO法人農業ナビゲーション研究所
【エコプロダクツ開催概要】
主催: (社)産業環境管理協会、日本経済新聞社
後援: 経済産業省、環境省、文部科学省、国土交通省、農林水産省、厚生労働省、各団体、自治体など
第9回を数える「エコプロダクツ2007」は、昨今の環境問題への注目の高さを示すとおり、会期中約16万人の入場者を集めるという盛況となりました。
協議会の展示ブースにも多くの方々にご来場いただき、企業の方はもちろんのこと、小中学生のグループ、幼稚園生とお母さまのグループなどまさに"生活者"の食への関心の高さを見る思いです。
また政界からは小池百合子衆議院議員、横峯良郎参議院議員が来場され、強い関心を持っていただきました。当協議会では今後も、産・学・官と、それぞれの立場でネットワークを結び、食の問題に取り組んでいきたいと考えております。
最終日15日(土)10時から、会場内の「環境コミュニケーションステージ」で、協議会主催のシンポジウム-アジアを繋げようエコ技術の絆-を開催いたしました。 こちらにも多数のご来場をいただきました。

【展示テーマ】

「繋げよう・拡げようエコ技術・エコ生活」

【展示コンセプト】

個別に開発されたエコ技術・エコプロダクツを結合させることにより、更に高度なエコな生活を創造する。

【展示内容】

 

<1>バイオフューエル 
<2>飼料イネ(牛肉、牛乳、プリン)
<3>フィールドサーバー 
<4>P-TCPII /C (大野ファームの牛肉)
<5>土壌微生物多様性解析事業 
<6>生ゴミリサイクル堆肥
<7>農薬ナビ
リサイクルを念頭に開発されたプロジェクトを提案。


<1>バイオフューエル

>>(独)農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業総合研究センター Webサイト

<2>飼料イネ(牛肉、牛乳、プリン) 


<3>フィールドサーバー


<4>P-TCPII /C (大野ファームの牛肉)


<5>土壌微生物多様性解析事業

 

<6>生ゴミリサイクル堆肥


<7>農薬ナビ


【会場内イベント】

 

◇出展社によるプレゼンテーション
◇試食提供(飼料イネで飼育された牛肉、プリン、大野ファーム提供「未来牛」)

◇協議会主催シンポジウム
【「NPO法人生活者のための食の安心協議会」主催シンポジウム】
 -アジアを繋げようエコ技術の絆-




 
エコプロダクツ2007
エコプロダクツ2006
RETAILTECH JAPAN2006
RETAILTECH JAPAN2005
食と農シンポジウム
とかちあそびじゅつ
株式会社
フィールテクノロジー
株式会社サカタのタネ
北海造園株式会社
いなぎ里山グリーンパーク
株式会社ムラカミシード
NPO法人DGC基礎研究所
グリーンリサイクル株式会社
株式会社サイモンズ
ユーワークス株式会社
有限会社DGC総合研究所
独立行政法人中央農業総合研究センター
独立行政法人食品総合研究所
独立行政法人北海道農業研究センター
農林水産技術会議事務局
株式会社イーヤマ販売
ペンタックス株式会社
株式会社BUG
日立ソフトエンジニアリング株式会社
KDDI株式会社
未来農業集団
多摩美術大学
マドラコミュニケーションズ
   
   

Privacy Policy Site Policy Copyright 2005 The Conference of Food Relief and Security for Citizens. All Rights reserved.